カルグルトとは?

カルグルトとは?
カルグルトはルイスヴァージウエルネス株式会社が販売している乳酸菌サプリ。

その開発コンセプトは「日本人由来の菌を届けること」。

実は腸内に住む細菌のパターンは地球の地域によって異なり、日本人は日本人特有の腸内環境を持っています。

カルグルトは日本人にあった菌を厳選。十二指腸、小腸、大腸まで届く5種類もの善玉菌(乳酸菌抽出物LFK、ガセリ菌、ラブレ菌、ビフィズス菌、ラクリス-S)が配合され、腸内環境を整えます。

飲み続ければ、酒さ(赤ら顔)、便秘、花粉症、鼻炎、にきび、肌荒れなどの改善に役立ち、さらに紫外線による肌の乾燥、肺炎、高血圧の予防効果も期待できます。

腸内環境を整えるということで便秘にももちろん効力を発揮。そのことでダイエットもサポートしてくれます。

スティックタイプなので携帯にも便利。水や牛乳に溶かしたり無糖ヨーグルトに加えれば手軽に摂取できます。

カルグルトの成分

カルグルトの成分
カルグルトには、以下の菌が配合されています——

乳酸菌抽出物LFK

正式名称エンテロコッカス・フェカリス。乳酸菌の一種であるフェカリス菌FK-23の周りにある固い殻を酵素で壊し、ビタミン、ミネラル、核酸などを抽出したものです。

通常のフェカリス菌よりも成分が吸収されやすく、また壊された殻(細胞壁)は、オリゴ糖や食物繊維などと同様、乳酸菌(善玉菌)の栄養分となります。このため、乳酸菌をさらに元気にし、腸内環境を整えてくれるのです。

ガセリ菌

正式名称ラクトバチルス・ガセリ。胃酸に強いので生きたまま小腸まで届き、ほかの乳酸菌より長い間そこにとどまって、整腸効果を発揮します。

さらに内臓の脂質の吸収を抑制する働きが確認されていて、コレステロール値や内臓脂肪を減らしてくれます。

ビフィズス菌ビースリー(B-3)

メタボ現象は、高脂肪の食事の摂取と、腸内環境由来の代謝の悪化によって起きますが、ビフィズス菌は腸内環境を整えることでその対策に効果を発揮。また内臓や体の脂肪を減らしたり、肝機能を改善したり、コレステロール値を下げるなどの働きがあります。

ラブレ菌

京都の漬物「すぐき」(カブの一種を塩で漬け込んだもの)から発見された植物性乳酸菌。

植物性乳酸菌は、動物性乳酸菌とは比べものにならないくらい悪い環境への耐久性に富んでいます。「すぐき漬」は塩分や酸度が高いため、乳酸菌の生存には向きません。それに耐えてラブレ菌はたくましく生きているのです。

さらにラブレ菌は腸内での増殖にも高い能力を備えています。そのことで便秘、下痢の改善だけでなく、ウイルス、腫瘍細胞、ガン細胞などに対する免疫力を高める効果もあります。

ラクリス-S

有胞子性乳酸菌。その名前の通り、胞子を形成します。

一般的な乳酸菌は人間の体内に入ると胃酸、胆汁などにより、ほとんど死滅します。しかし有胞子性乳酸菌は、胞子の硬い殻で悪環境に耐え、十二指腸や大腸に到着できるのです。

また増殖能力が高く、腸の滞在時間も長いという特質を持っています。

カルグルトで「酒さ」も改善

カルグルトで「酒さ」も改善
鼻を中心に、頬、額の血管が拡張して赤くなってしまう症状を「酒さ(しゅさ)」といいます(赤鼻や赤ら顔と呼ばれる場合もあります)。

最初は顔が酔ったように赤らんだり、太めの血管が赤い糸くずのように見えたりします。やがてニキビに似た症状になり、膿疱(のうほう)を思わせる状態まで悪化する場合もあります。

これは肌が白かったり薄かったりすることで起こりやすく、また更年期の女性にも多く見られます。アトピー性皮膚炎やニキビと症状は似ていますが、明確な原因は分かっていません。

ただ最近になり、乳酸菌抽出物LFKという成分(フェカリス菌を酵素分解したもの)が、酒さの軽減に効果があると分かってきました。

カルグルトにはその乳酸菌抽出物LFKがたっぷりと含まれています。酒さで悩んでいる人は毎日摂取することでその症状の改善が期待できます。

カルグルトの体験談

カルグルトの1袋は約2.5g。封を切ると白い粉状になっています。

ちょっと舌をつけてみると、甘酸っぱいヨーグルト風味。これはやはり乳酸菌が多く含まれているせいでしょうか。

少し多めの量を舌にのせ、味見をしてみました。すぐに強烈な酸味を感じ、そのあとゆっくりと甘みが来ます。

摂取方法ですが、水、牛乳、野菜ジュースなどに溶かしたり、ヨーグルトなどにかけるのがいいようです。

まず、水に溶かして飲んでみました。カルピスを思わせる味で、これなら普通に飲み物としていけます。子供でも「おいしい」と言うでしょう。

ただ、水ではちょっと粉が溶けにくいので、スプーンでかき混ぜながら一気に飲み干すのがいいと思います。

2日目は、1袋をレモン味の炭酸水に入れ、朝食後に飲みました。レモン味とカルグルトの相性がよく、水で飲むよりかなり美味です。

3日目は1袋をヨーグルトにかけて朝食のお供に。無糖のヨーグルトでしたが、酸味と甘味が加わって絶品。これは特にオススメですね。

結構きつい便秘症だったのですが、快便感を久しぶりに味わいました。やはり、乳酸菌の効果でしょうか?

体質改善には長い期間がかかるかもしれませんが、便秘には割りと短期間で効果が出るようです。

もし頑固な便秘で悩まれているなら、このカルグルトを試してみることをおすすめします。

カルグルトは効果なし?

愛用者が多く、ネットでも絶賛口コミが寄せられているカルグルトですが、中には効果が実感できない人もいるようです。

そうした人に共通する2つの特徴が分かったので、紹介してみます——

飲み方が間違っている

カルグルトの飲み方として守って欲しいのは「毎日飲む」ということ。

私たちの腸内で善玉菌の効果を発揮しようと思ったら、毎日摂取し続けることが必要です。

毎日飲む習慣がない人に限って、カルグルトの口コミで酷評している人が多いようです。

気が向いたときに飲むというやり方では、せっかくのサプリメントもその働きを発揮できません。

即効性を期待しすぎている

「効果なし」という口コミを投稿している人たちは、短期間での効果を期待しすぎているようです。

一般的に乳酸菌(善玉菌)サプリメントで腸内環境を改善するためには、少なくとも2週間必要です。

数日飲んだだけで「カルグルトは効果なし」という評価を下している人は、サプリメントについてあまりに自分勝手な期待をしているといえます。

更新日:

Copyright© 『本当に効いた!カルグルトの口コミ・効果まとめ』 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.