カルグルト

「カルグルト 効果なし」の真相

更新日:

カルグルトとカンジダ菌

カルグルトとカンジダ菌
カルグルトはカンジダ膣炎の予防に効果があると考えられています。

カンジダ膣炎はカンジダ菌が異常に増殖することで発症する病気で、一説によると女性の2割がかかるといわれています。

この菌そのものは普段から腸内・膣の中に生息しているのですが、善玉菌によりその数は一定内に抑えられています。

しかし、なんらかの原因で善玉菌が減少すると途端にカンジダ菌は異常な数に増殖し、膣内での炎症や、デリケートゾーンのかゆみや腫れといった症状を引き起こすのです。

また男性も女性との性行為を通じて感染することがあります。

その場合は男性器にただれ、かゆみ、水泡などの症状が現れ、ひどい時には病院での診察が必要なほど悪化することもありますから、注意が必要です。

カンジダ膣炎を予防するには、上に記したように腸内の善玉菌の数を増やし、カンジダ菌の増殖を抑える必要があります。

カルグルトを飲めば腸内環境が整えられ、膣炎の予防に役立つのです。

カルグルトのメリットとデメリット

メリット

・5種の乳酸菌を摂取できる
・配合された善玉菌が日本人由来のもの
・十二指腸、小腸、大腸それぞれに菌が効く
・一回分ずつ小分けしてあるので保管・携帯が楽
・味が美味しい

普通のヨーグルトには1〜2種類の乳酸菌しか入っていませんが、カルグルトには5種類の善玉菌が配合されています。また小分け包装のため、衛生的で外出時も摂取が簡単。何よりも美味しく食べられるので、イヤにならずに続けられます。

デメリット

・価格が安いとはいえない

唯一のデメリットは、他の乳酸菌サプリと比べて価格がやや高いということ。ただ効果を実感できれば、これも問題にならないでしょう。

カルグルトの安全への取り組み

カルグルトを製造している工場では、基準をクリアした原料と包材を各工程で使用。高い品質確保のため、整備された環境と機材で熟練スタッフが製造を担当しています。

また国内ではまだ8社しか例のない「cGMP認証」を取得。

cGMPは最高度の品質基準に適合したことを保証するもので、アメリカではcGMP認証を得ていない健康食品は販売することができません。

さらにFAOとWHOの委員会により発表された衛生管理の標準となる手法「HACCP」も採用。高品質を保つシステムに取り組んでいます。

また、トラブルがあった場合にそなえ、製造された全ロットのサンプルを3年間保管。また製造記録に関しては3年以上の倉庫保存を実施しているのです。

食品メーカーとして「安心・安全」は基本中の基本です。だからこそ、その取り組みを高いレベルでやっていかなければなりません。

カルグルトにはその高いレベルの品質がつまっています。

カルグルトに副作用は?

カルグルトには副作用の心配はあるのでしょうか?

西洋で食されてきたチーズ、ヨーグルトを始めとして、和食には欠かすことのできない漬け物にも乳酸菌は含まれています。

これらの食べ物を私たちが長い期間摂取し、また子孫に伝えてきたということは、適度な量の乳酸菌は体に悪影響や副作用を及ぼさないという証拠です。

というわけで、乳酸菌を主成分とするカルグルトも、同じように副作用の心配はほぼない、といえます。

カルグルトの口コミTOPヘ

-カルグルト

Copyright© 『本当に効いた!カルグルトの口コミ・効果まとめ』 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.