カルグルト

カルグルトの飲み方について

更新日:

下痢と便秘の仕組み

下痢を解消
下痢と便秘は、それぞれ「便が出る」「便が出ない」ということで正反対のものに思えますが、実はどちらも腸内環境のバランスが関係して起こる症状です。

腸内細菌でも有毒性のもの、いわゆる悪玉菌は、発がん物質であるニトロソアミンやフェノイールをはじめ、アンモニア、インドール、メルカプタンなどを生み出します。

この有害な腸内細菌を排出しようとするのが下痢。そして上記の有害物質のせいで腸の働きが低下して起こるのが便秘です。

不規則な生活を強いられがちな現代社会ではストレスも大きく、腸内に悪玉菌が増加する傾向があります。

さらに加工食品に添加されている防腐剤のせいでさらに悪玉菌が増えていくので、安価な外食に頼りがちな多忙な人ほど食事などに気を使い、腸内に善玉菌を増やす必要があります。

日本内科学会によると、便秘というのは「3日以上便が排出されない。あるいは毎日排便があるものの残便感がある」状態だということです。

人間が食事をすると、摂取された食べ物は食道、胃を経て腸へと運ばれます。

腸では「ぜんどう運動」(腸壁の筋肉が伸縮を繰り返す)が行われ、栄養が吸収された食べ物の残りカスはやがて肛門へと到着します。

このぜんどう運動が正常に行われないと、便が大腸に留まってしまい、便秘になるわけです。

このような状態が長時間続くと悪玉菌が増え続け、様々な有害物質が生じてきます。

しかも溜まった便は腸内で腐敗し、アンモニアや硫化水素などの有毒ガスを発生させます。こうなると、大腸がんなどの重篤な病気の原因にもなりかねません。

こんな状態の腸内で善玉菌を増やし、腸内環境のバランスを改善してくれるのが乳酸菌です。

乳酸菌が腸内で増えていくと、乳酸、酢酸などの有機酸が生み出されます。

これらの代謝物が腸内を弱酸性にしていき、悪玉菌の増殖を阻害してくれるのです。

さらに有機酸は腸のぜんどう運動をサポートする働きも備えています。

そのような乳酸菌を簡単に摂取できるのが、乳酸菌サプリのカルグルトです。便秘の予防と解消に有効であり、さらに腸内環境のバランスを正常化する効果も期待できます。

カルグルトの飲み方

飲み方をチェック
カルグルトの効果を最大限に引き出すためには、食後に飲むのが最もよいといわれています。

どうしてかというと、乳酸菌やビフィズス菌は胃酸に弱いためです。

空腹時は胃腸内が空っぽで、胃酸がかなり強い状態になっています。ところが食後になると食べ物と混じって胃酸が薄まっているので、菌が腸まで届きやすくなるのです。

また、乳酸菌やビフィズス菌を活性化するには、善玉菌のエサであるオリゴ糖や食物繊維の摂取も欠かせません。

オリゴ糖は、きな粉、ごぼう、たまねぎのほか、豆類にたくさん含まれていますし、食物繊維の方は、りんご、バナナ、ワカメ、海藻類、大豆、ブロッコリーといった食品に豊富に入っています。

これらの食材でオリゴ糖や食物繊維を取れば、乳酸菌の働きも盛んになるでしょう。

また食後といっても、朝食、昼食、夕食のうちではいつがいいのでしょう?

メーカー側でもハッキリとしたアドバイスをしていないようですが、ネット上の口コミをチェックすると朝食後に飲んでいる人が多いようなので、同じようにするのがいいかもしれません。

そして一緒に飲む液体は、ぬるま湯がおすすめ。

冷たい水はどうしても体を冷やしてしまい、栄養の吸収を阻害します。かといって60度以上のお湯やお茶では乳酸菌が死滅してしまうので、できれば人肌と同じくらいの温度のぬるま湯で飲みましょう。

-カルグルト

Copyright© 『本当に効いた!カルグルトの口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.